ジェネリック医薬品の外国での普及状況

アメリカでは薬剤師さんが患者さんの同意のうえで医師が処方した医薬品を、同一成分の他の名称の薬に替えられる制度が認められています。これを代替調剤と言います。そのため、保険会社もジェネリック医薬品での調剤を推進しています。

欧米では、かなり普及が進んでいます。その証拠に特許が満了した1ヵ月後には約80%がジェネリック医薬品に替わる薬があるほどなのです。

イギリスでは、医師が処方箋を発行する際、商品名を指定せずに一般名で処方し、成分が同じ複数の薬の中から薬剤師が調剤できる制度を利用する人が約74%と非常に高いものになっています。

これだけ外国では一般的なのですが日本では普及が進んでいないのです。外国では常識的な存在なのに、日本ではこれからな存在というわけですね。

次へ >>
ジェネリック医薬品の外国での普及状況

ジェネリック医薬品の品質を評価してくれる”オレンジブック”

ジェネリック医薬品の購入方法

ジェネリック薬品が安い理由

薬局で貰う「お薬」を7割引で買う方法をご存知ですか?

HOME

コラム

ディレクトリ

サイトマップ

会社概要

個人情報保護方針について

「北海道」で探す

「福島」で探す

「東京」で探す

「神奈川」で探す

「埼玉」で探す

「千葉」で探す

「愛知」で探す

「静岡」で探す

「長野」で探す

「大阪」で探す

「京都」で探す

「広島」で探す

「愛媛」で探す

「福岡」で探す

「宮崎」で探す

「鹿児島」で探す

PRサイト:

Copyright(c)2009 CNXT Ltd. All Rights reseved.