ヒト顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)

ヒト顆粒球コロニー刺激因子は人間の体内にある活性物質。白血球の増殖作用があり抗がん薬の副作用である、血液障害、とくに白血球の減少にともなう免疫力の低下を抑える効果がある。だが、微量しか存在しないため薬剤としての利用が困難だったが遺伝子組み換え技術により量産が可能となり、現在では、抗がん薬の連続投与治療を支える重要な薬品となってる。

次へ >>

HOME

コラム

ディレクトリ

サイトマップ

会社概要

個人情報保護方針について

「北海道」で探す

「福島」で探す

「東京」で探す

「神奈川」で探す

「埼玉」で探す

「千葉」で探す

「愛知」で探す

「静岡」で探す

「長野」で探す

「大阪」で探す

「京都」で探す

「広島」で探す

「愛媛」で探す

「福岡」で探す

「宮崎」で探す

「鹿児島」で探す

PRサイト:

Copyright(c)2009 CNXT Ltd. All Rights reseved.