インターフェロン(IFN)

 インターフェロンは、生体内のさまざまな細胞がつくり出す生理活性たんぱく質の事。抗ウイルス・抗がん作用がある。微量物質であり、純粋なインターフェロンの精製は困難で量産もできなかったが、近年のバイオテクノロジーの進歩により開発が可能になった。現在はB型およびC型慢性肝炎、腎臓がんなどの治療薬として知られる。

<< 前へ  次へ >>

HOME

コラム

ディレクトリ

サイトマップ

会社概要

個人情報保護方針について

「北海道」で探す

「福島」で探す

「東京」で探す

「神奈川」で探す

「埼玉」で探す

「千葉」で探す

「愛知」で探す

「静岡」で探す

「長野」で探す

「大阪」で探す

「京都」で探す

「広島」で探す

「愛媛」で探す

「福岡」で探す

「宮崎」で探す

「鹿児島」で探す

PRサイト:

Copyright(c)2009 CNXT Ltd. All Rights reseved.