エリスロポエチン製剤(EPO)

腎臓でつくられ骨髄に作用して赤血球を増やす造血ホルモンであるエリスロポエチンは、わずかしか採取できないため、くすりとしての生産は永らく不可能だったが、、遺伝子組み換え技術により、量産が可能となり、透析患者の腎性貧血の治療に画期的な成果をあげた。現在では、手術のための自己血貯血や未熟児貧血などにも利用されている。

<< 前へ  次へ >>

HOME

コラム

ディレクトリ

サイトマップ

会社概要

個人情報保護方針について

「北海道」で探す

「福島」で探す

「東京」で探す

「神奈川」で探す

「埼玉」で探す

「千葉」で探す

「愛知」で探す

「静岡」で探す

「長野」で探す

「大阪」で探す

「京都」で探す

「広島」で探す

「愛媛」で探す

「福岡」で探す

「宮崎」で探す

「鹿児島」で探す

PRサイト:

Copyright(c)2009 CNXT Ltd. All Rights reseved.